2016/12/15

久しぶりの快勝



Middlesborough 0-3 Liverpool

得点者:ララーナ(29分、68分)、オリジ(60分)

ミニョレ:7点、良いセーブが一つ
クライン:7点、右サイドを圧倒
ミルナー:6点、トラオレに少し苦戦
ロブレン:6点、パスさばきも良かった
クラバン:6点、合格点
ワイナルダム:6点、前半はワンテンポ遅いように感じた
ヘンダーソン:7点、中盤を支配
ララーナ:8点、今シーズンは決定的な仕事ができる
フィルミーノ:6点、前半は静かだった
マネ:7点、キレがあった
オリジ:7点、全体としては微妙だったが点を決めてくれたので文句なし

ルーカス
エジャーリア
アーノルド

Man of the Match:アダム・ララーナ

マティップがスタメンにいないと聞いて、試合前はかなり心配になりましたが、結局クリーンシートで終えることができましたね。終わってみれば危なげのない試合で久しぶりに完勝でした。マージーサイドダービーに向けて、いいはずみになりましたね。

試合展開ですが、序盤からまあリバプールペースでは進んでいましたね。ただ、やはり守りに入られてしまったので、最初はなかなかチャンスはなかったかと思います。

なんとなく攻めあぐねている感じもありましたが、そんな中、ララーナのヘディングが決まって先制。あそこに走り込んだララーナも見事ですが、クラインもキーパーが出て来れないような絶妙なクロスをあげましたね。

その後は相手ペースにもなりましたが、カウンターでマネのシュートがポストを叩いたりなど、チャンスもありました。まあ、2点リードでハーフタイムとか迎えても、気が緩んでボーンマス戦みたいになりそうだったから、逆に気を引き締める意味でも1点リードぐらいがちょうど良かったかも。

後半に入るとよりいっそうリバプールペースに。これが良かったですね。1点も守りきる、というよりもしっかりとボールを支配して2点目をとりにいく姿勢が良かったです。

2点目と3点目はどちらちもパス回しからうまれた素晴らしいゴール。きれいな流れでした。

最後はボロもクタクタの状態で、ずっとボールを支配したまま試合終了。終わってみれば危なげない戦いでしたね。

注目されたキーパーでしたが、やはりここはミニョレを使ってきましたね。まあなんとなく、年内はずっとミニョレを使い続けそうな予感がします。最近のカリウスはメディアからのプレッシャーも激しいですし、ここでわざわざ使い続ける意味もないでしょう。ミニョレなら少なくとも良いセーブは期待できますし、この試合では判断も良さそうだった。それに、カリウスもまだ23歳ですからね。これからの選手です。

あと、この試合では久しぶりにキレのあるマネが見れたもの良かった。細かいところのプレーは少し雑な気がしましたが、やはりリバプールに欠かせない選手ですね。

そしてMOTMは文句なしでララーナ。全体的な働きもよかったですし、何よりも2ゴール1アシスト。ゴール前で決定的な仕事ができる選手になりましたね。

さて、次はマージーサイドダービー。エヴァートンはつい最近ガナーズに勝ちましたから、要注意ですね。


スポンサーリンク

2 件のコメント:

Jaco さんのコメント...

こんにちは。
久々に快勝でしたね。やはり勝利は嬉しいですね。GKはミニョレでCBにマティプの名前がなかったので少々心配になりましたが、クラヴァンがしっかりやってくれましたね。やはりルーカスよりは信頼が持てます(笑)
最近フィルミーノが少し元気がありませんが、やはりコウチーニョがいない分左に回っている分負担が大きのですかね。まあポテンシャルは高いので心配してませんが、、、。
ダービーは勝たないとですね。昨シーズンのグディソンパークではロジャーズ最後のゲームでしたね。あの時はイングスが決めていましたね、、、。あれからチームは大きく変わったのでこのゲームは楽しみです。チェルシーがパレスなのできっと勝つでしょうから負けてはいけませんね。

Steven115 さんのコメント...

Jacoさん
コメントありがとうございます。
クラヴァンは最近本当によくやってくれてますよね。
意外に足下もしっかりしていますし、頼もしい存在です。

そういえばそうでしたね。あの時はロジャーズの解任に衝撃を覚えましたが、
今思えば、それ以降チームが良い方向に向かってくれてるので良かったですね。
ロジャーズには気の毒でしたが、いまはセルティックで頑張っているみたいでしたし。

グディソンではなんとか勝てたので良かったです。チェルシーがストップするのを待つのみですね。