2011/09/15

リザーブ 引き分け

Liverpool 1-1 Wolfsburg

得点者:オウンゴール
交代:45分、スソ→アドーラン
   68分、エンゴー→モーガン



   
ベルフォード:7点、何回か良いセーブがありました。
マクローリン:6点、無難な働き。
スミス:6点、攻守ともに積極的なプレーを見せてくれましたが、ミスも何回かありました。
サマー:6点、前半はとても良かったです。
ウィズダム:6点、彼もサマーと同じく、失点するまでは良かったと思いますが・・・。
コーディー:5点、もう少し積極的に攻撃参加をしても良かったのでは?
ロダン:5点、彼も無難なプレーに徹していた印象があります。
スソ:5点、今日は完璧に悪いときのスソでした。
シルヴァ:7点、前後半ともにドリブル突破からチャンスをつくっていました。
スターリング:5点、相手のマークが厳しく、何もさせてもらえませんでしたね。
エンゴク:5点、前線で孤立気味でした。

アドーラン:7点、彼が入ってきてからは攻撃の流れが良くなりました。
モーガン:6点、少ない時間でもインパクトを残すようなプレーをしていたと思います。

Man of the Match:クリスティアン・アドーラン

ひさしぶりにリザーブの試合を見ましたが、前半は面白味のない試合展開でしたね。攻撃は、簡単に言うとオフザボールの動きが少ないので、パスで崩すようなことはできず。まあ、相手の守備も良かったのですが。

基本的にはパスで崩すことはできないですから、個人技頼り。ただ、1人で打開できる力を持っているはずのスソは不調で、パスを繋ぐことすらろくにできず。彼もシュートを打ったり、フリーキックからクロスを上げたりするのは上手なのですが、今日はそれ以外のプレーではハッキリ言って微妙でした。

また、スターリングも1人で突破できる力を持っているはずなのですが、この試合では相手のマークが厳しく、何もすることができず。というわけで、前半は唯一得点のにおいがしたのは、シルヴァがボールを持ったときぐらいでした。前半だけでなく、後半でも彼は良かったですね。

失点は、前半終了直前のセットプレーから。それにしても、お粗末な守備でした・・・。

後半に入ると、アドーランが入ってきましたね。結果から言うと、彼が入ってきてからは攻撃のリズムが良くなったと思います。彼はボールを持つことが多かったですし、しっかりとボールを繋いでくれるおかげで、前線の選手も孤立しないで済みました。

で、得点はそのアドーランから。彼がペナルティーエリア内で1人をかわして、シュート気味のクロスを入れたのを相手ディフェンダーが触ってオウンゴール。まあ、オウンゴールとは言ってもアドーランのゴールみたいなものですけどね。

その後は逆転するチャンスが何回かありましたが、決めることができず。結局1対1のまま試合終了。まあ、相手も良いチームでしたし、引き分けというのが妥当な結果だと思います。

そういえば、今シーズンからLFC.TVの実況がアドーランじゃなくて、アジョーランって言うようになったんですよね。紛らわしい・・・。混乱されるとこまるので、このブログではアドーランでいきたいと思います。

他にも書きたいことはありますが、もう眠いのでこのへんで勘弁してください。
スポンサーリンク

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

はじめまして!シェフィールドはいかがですか?3部でもやっぱりスティール・シティ・ダービーは盛り上がるんですかねー。無責任ながら勝手にうらやまし過ぎると思っています。いろいろ忙しいでしょうが更新楽しみにしています!体に気をつけてがんばってください!

steven115 さんのコメント...

はじめまして。コメントありがとうございます。
この2チームの対決はスティール・シティ・ダービーっていうんですか。知らなかったです(苦笑)。この前はヒルズボロの近くまで歩いて行ってみました。学生だと£6ぐらいで見れるみたいなので、冬休みにでも行こうかと思っています。